<< 090427 商工会議所「建設業元気回復助成事業」申請団体決定 | main | おたる祝津で、初の「5/23-5/24 ニシン祭」開催! 茨木家番屋も部分公開! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| Posted by スポンサードリンク | - | - | - |

090501 建設業元気回復助成事業申請作業突入

申請シート 5月の幕開け。
 申請前の環境づくりは整った。

 いよいよ、申請作業に突入。
 われわれの、いや祝津人と小樽人の思いの丈を込めた申請書をつくるべや、と担当の「しりべしツーリズムサポート」スタッフに号令をかける。

 私の頭には、小樽祝津地区だけでなく、余市・福原番屋群、積丹町・ヤマシメ番屋との積丹半島東海岸のニシン漁場建築群との連携があった。
 小樽市は北後志広域圏構想のまとめ役の位置にもあり、連携テーマは色々あるだろうが、
 近代化遺産繋がり
 ニシン街道つながり
 学習型観光つながり
 コミュニティビジネスつながり
がこれから絶対必要になる。
 この建設業元気回復助成事業で積丹半島東海岸のニシン番屋&ニシン街道つながりで、漁場建築群の修復技術のエリアとしての蓄積も大事だし、積丹町ヤマシメ番屋の修復も大事だ。

 しかし、あまり枠というか対象エリアを広げると、申請選考へのアピール度が薄まってしまうのも、否めない。
 祝津の茨木家中出張番屋と積丹町のヤマシメ番屋の2つの番屋の修復工事費用は、補助金の上限2500万円で賄えるのかという問題もある。
 一方、しりべしツーリズムサポートのスタッフは、真面目に応募要項をチェックし、粛々と申請書づくりの作業に入る。
 提案書(申請書の正式名)第一次草稿ができたがどうも、味気ない。
 もっと、思いを込めた方がいいと言うと、応募要項の最後の注意に、企画事業は簡潔明瞭に記載することと記されているので、あまり思いを書き連ねると逆効果と脚下されて。

 そういうものか!


 
| Posted by 北後志@風土ツーリズム協議会 | comments(0) | trackbacks(0) | 北後志風土ツーリズム準備会 |

スポンサーサイト

| Posted by スポンサードリンク | - | - | - |

コメント一覧

コメントフォーム










この記事のトラックバックURL

http://nishin-banya.jugem.jp/trackback/14
トラックバック一覧
ADMIN

おさかな市ポスター193

教育旅行バナー

番屋利用料金バナー

茨木家中出張番屋リーフレットバナー
茨木家中出張番屋リーフレットは↑こちらからダウンロードください.

運営委員会バナー

茨木家中出張番屋フォトギャラリー1バナー
↑茨木家中出張番屋の修復前と修復後のフォトギャラリーです.是非ご覧ください!

北後志風土ツーリズム協議会バナー

茨木家中出張番屋とは

バナー・修復工事全顛末

漁場建築とは

Selected Entries

Categories

■北後志風土ツーリズム協議会構成


・小樽商工会議所
・小樽市
・小樽観光協会
北海道職業能力開発大学校・駒木研究室
・しりべしツーリズムサポート
・しりべしiネット
小樽建設業協会
祝津・たなげの会

●オブザーバー
・国土交通省・北海道開発局
・国土交通省小樽開発建設部

■建設業元気回復助成事業


●国土交通省・公募ページ
●(財)建設業振興基金・公募ページ
●選定結果について
●(財)建設業振興基金

■ニシン漁場建築関連Link

●小樽市漁業協同組合
●高島より
●小樽うみ元気プロジェクト
●積丹町美国鰊場遊歩道「やん衆小道」
●しゃこたんだより
●日本の佇まい→ニシン漁家建築
●小樽路地裏散歩→道内各地の番屋
●札幌・小樽版画紀行→「北茨木」という名の駅
●小樽市指定歴史的建造物・祝津地区

祝津・たなげ会バナー

小樽商工会議所

小樽市

しりべしiネット

しりべしツーリズムサポート

小樽観光協会小樽観光協会

やん衆小道

BYWAY後志

小樽うみ元気プロジェクト

小樽建築探訪195

小樽たてもの散歩195

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Recent Comment

Recent Trackback

Archives

Profile

Search


Mobile

qrcode

Links

Feed

Sponsored Links