<< 20100519 茨木家中出張番屋工事用足場撤去 | main | 祝津にしん祭りと茨木家中出張番屋 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| Posted by スポンサードリンク | - | - | - |

20100520 茨木家中出張番屋ドラマ(1)

JUGEMテーマ:観光まちづくり

 本祝津地区漁場建築修復と地域振興に関する事業・通称:茨木家中出張番屋修復事業には、ナント表現していいか様々なドラマが展開されてます。
 本事業では、北海道職業能力開発大学・駒木定正准教授研究室が全面調査の協力をして頂いてます。
 昨年から10数回、同大学研究室は駒木准教授の下、学生さんも調査に加わって頂き、茨木家中出張番屋の大空間で一つも調査漏れのないようにと頑張って頂いてきました。
 その同研究室の学生さんがとんでもないモノを発見してくれました。
 ↓ それがこれ ↓
(画像は、北海道職業能力開発大学・駒木定正准教授研究室提供、クリックすると拡大画像に)
  茨木家中出張番屋、棟札1000

 茨木家中出張番屋玄関から入った戸袋棚に、この「棟札」があったのです。

 茨木家中出張番屋の大天井空間の小屋組に登って、大黒柱に打ち付けてあるハズの「棟札」を探して見つからず、少々ガックリしていた同大学・駒木先生もその発見には色めき立ちました。
 茨木家中出張番屋の建設年月日は今まで特定されてませんでした。
 様々な資料調査から、明治末期と推定はされていたのです。
 が、・・・その棟札には、
  棟上奏
  秋田県山本郡常磐村
  大工棟梁 山田留三
       薩麻参蔵(?)
       山田慶吉
そして年月日は、
  明治四五年六月五日
と・・・・。
 
 そして・・小樽祝津の茨木家鰊番屋から棟札が発見されたことを契機に、そこに書かれていた大工棟梁のお孫さん・東京在住のY氏から、資料が送られてきたのです。

 偶然が重なって、決して分かるはずがないと思っていた事実が露わになってきたのです。

棟梁山田留三氏肖像写真
 ↑茨木家中出張番屋の棟梁と推測される山田留三氏、中央。
 額入り写真で、額には「小樽港色内町松平製」という、写真館のネームが入っている。

  写真提供:山之内建築研究所

 (1)
 梁によじ登り棟札を見つけられずがっかりしていた同大学の駒木先生と教え子が、何度目かの調査開始前に茨木家中出張番屋の裏手の恵美須神社にお参りをし、願をかけての調査で、北海道職業能力開発大学校・応用課程建築施工システム技術科・瀬川一人君のよって、「棟札」が発見された偶然。
 (2)
 その発見を同大学駒木先生から聞いた、茨木家中出張番屋の設計監理の山之内建築研究所代表・山之内裕一氏が、室蘭工大で講演に来られた建築家・西方里見氏に鰊番屋の話をした偶然。
 (3)
 棟札の写真を秋田へ戻った西方里見氏にメールした時たまたま事務所にいた能代市役所のM氏が棟梁につながる情報を知っていたという偶然。
 (4)
 その能代市役所M氏の調査から、棟梁・山田留三氏の本家・秋田県能代市常磐の山田家本家・山Y夫人に連絡がつき、Y夫人から山田留三氏のお孫さん・東京在住のY・Y氏に連絡がつくという偶然。

 それらが見事につながった。
 人と人との繋がり・・・が、この偶然をすべて結びつけてくれた。

 いま、墨書された棟札が、読み解かれようとしている。
 「棟札一枚から、100年という時空を超えて一人の大工棟梁の人生を垣間見ることができる、改めて記録するという意味を考えさせられる出来事だ。」
 ・・・茨木家中出張番屋設計監理の山之内建築研究所代表・談

 ・・・その山田留三氏のお孫さん、東京在住Y・Y氏ご夫妻が、二二日の第二回おたる祝津にしん祭りに御来樽頂くという。
 ドラマだ。
 背筋がゾクゾクするドラマだ。

 厳密には、この棟札が天井屋根の小屋組みの柱に打ち付けられていれば、これまでの明治末期建築という曖昧な表現ではなく、この棟札記載通り、
 明治四五年六月五日
に上棟されたと言っていい。
 が、茨木家中出張番屋の戸袋に格納されていたので、言い切れないところが残念至極。
 しかし、
 「棟札一枚から、100年という時空を超えて一人の大工棟梁の人生を垣間見ることがで
  きる、改めて記録するという意味を考えさせられる出来事だ。」
と言うとおり、そこからも新たな事実が掘り下げられて行くのは、違いない。

 北海道職業能力開発大学校・応用課程建築施工システム技術科・瀬川一人君には、ご馳走せねばならない(^^)
| Posted by 北後志@風土ツーリズム協議会 | comments(0) | trackbacks(0) | 茨木家中出張番屋修復工事 |

スポンサーサイト

| Posted by スポンサードリンク | - | - | - |

コメント一覧

コメントフォーム










この記事のトラックバックURL

http://nishin-banya.jugem.jp/trackback/80
トラックバック一覧
ADMIN

おさかな市ポスター193

教育旅行バナー

番屋利用料金バナー

茨木家中出張番屋リーフレットバナー
茨木家中出張番屋リーフレットは↑こちらからダウンロードください.

運営委員会バナー

茨木家中出張番屋フォトギャラリー1バナー
↑茨木家中出張番屋の修復前と修復後のフォトギャラリーです.是非ご覧ください!

北後志風土ツーリズム協議会バナー

茨木家中出張番屋とは

バナー・修復工事全顛末

漁場建築とは

Selected Entries

Categories

■北後志風土ツーリズム協議会構成


・小樽商工会議所
・小樽市
・小樽観光協会
北海道職業能力開発大学校・駒木研究室
・しりべしツーリズムサポート
・しりべしiネット
小樽建設業協会
祝津・たなげの会

●オブザーバー
・国土交通省・北海道開発局
・国土交通省小樽開発建設部

■建設業元気回復助成事業


●国土交通省・公募ページ
●(財)建設業振興基金・公募ページ
●選定結果について
●(財)建設業振興基金

■ニシン漁場建築関連Link

●小樽市漁業協同組合
●高島より
●小樽うみ元気プロジェクト
●積丹町美国鰊場遊歩道「やん衆小道」
●しゃこたんだより
●日本の佇まい→ニシン漁家建築
●小樽路地裏散歩→道内各地の番屋
●札幌・小樽版画紀行→「北茨木」という名の駅
●小樽市指定歴史的建造物・祝津地区

祝津・たなげ会バナー

小樽商工会議所

小樽市

しりべしiネット

しりべしツーリズムサポート

小樽観光協会小樽観光協会

やん衆小道

BYWAY後志

小樽うみ元気プロジェクト

小樽建築探訪195

小樽たてもの散歩195

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Recent Comment

Recent Trackback

Archives

Profile

Search


Mobile

qrcode

Links

Feed

Sponsored Links